放課後等デイサービス・児童発達支援
児童指導員 松本

深く、長く関われます

私は以前、小学校で発達障がいのある子どもたちの支援をしていました。
発達障がいのある子どもたちは、ひとりひとりそれぞれですが、対人関係をうまく築けなかったり、椅子にじっと座ることがとても苦しかったり、先生の話を聞いても頭の中でうまくまとめることができなかったり・・・学校生活の中で困り感を抱えています。
私はその子たちの「どうしてできないのだろう」という不安を取り除き、学校生活を楽しんでほしいと思い、一心に支援をしていましたが、小学校で担任を持つ「一年」という期間では足りずもっともっと支援してあげたかったという悔いが残りました。
そんな時に未就学児~18歳までの発達障がい児の支援を行っているチャイルドハートの存在を知り、ここならもっと深く、長く、専門的にかかわることができると確信し、就職を志望しました。

子どもたちも先生も笑顔いっぱいです

「どのように支援すればこの子は理解できるのだろう?」「どうすればお友達と上手にコミュニケーションをとることができるのだろう」と他の先生たちと考え、みんなで案を出し合いながら教材を作成したり、実際に教材を使って支援をすることがとても楽しく、支援活動の中で「できた!」がたくさん積み重なっていくことで子供たちの表情はどんどん明るくなり、私の気持ちも明るくなります。一緒に働く先生方は以前、保育士や教員、介護職員など様々な職種を経験してこられた方たちばかりなので、色々な角度から支援方法のアドバイスもいただけますし、子育ての悩みや私生活の悩みなども一緒になって考えてくれます。年齢関係なく、とても仲が良く、いつも笑い声でいっぱいです。
チャイルドハートはたくさんの子どもたちの「できた!」に携わることができる素晴らしい仕事です。私たちと一緒に子どもたちの成長のお手伝いをしてみませんか?

お気軽にお問い合わせください!

中途採用新卒採用