個別指導部門担当 中村亘佑

仕事の魅力

私の仕事の魅力は「一人一人にとことん指導することができる」ことです。
私は智翔館の元塾生です。
実は小学生の時、県立中学入試を受験し不合格を経験したことがあります。当時の担当の先生へ合否の報告をした時、「この結果は納得がいかない。めちゃくちゃ悔しい。高校受験でリベンジしないか?俺がお前を合格させる。」と、心の折れた私へ語ってくださりました。その時、自分の心に火がついた感覚を今でも覚えています。
その出来事をきっかけに、「私も同じように、生徒の心に火をつけたい!成績を上げ、生徒に夢を持たせるような先生になりたい!」と思うようになりました。
入社後は個別指導部門で働いています。
「何でも、やればできる!という自信と、将来の選択肢の広がりを提供する。成績を上げることで、生徒の人生に貢献する」
これが自教室の理念であり、仕事をする上での私の使命です。
生徒の成績が上がった時や、生徒が第一志望に合格して、笑顔で報告してくれた時、この仕事の「やりがい」を強く実感します。生徒一人一人に成績が上がるまでの作戦があり、ストーリーがあります。
生徒たちと共に努力し、成長していく。そうやって得た経験や知識は、私を大きく成長させています。

自分や仲間を

私の所属する個別指導部では、生徒だけでなく時間講師を育成することが重要です。
オペレーション(授業の進め方や教室のルール、生徒との関り方など)を徹底させ、担当の生徒の成績を上げる。自ら教室理念を語り、同じ目標を達成するために日々切磋琢磨する。
ほんの一部にすぎませんが、これらは全て社員である私の責務です。

時間講師を「先生」としてだけでなく社会人としても成長させていく。
それが難しいことでもあり、魅力的なものでもあります。
生徒だけでなく時間講師の成長に貢献することができるのは、自教室の特権です。

生徒の成績向上のために日々やり取りをし、時には気持ちが溢れて涙することもあります。そうやって日々試行錯誤して授業に望み、結果として担当の生徒が点数を大きくUPした時は感動して涙を流す先生も少なくありません。私自身も、感動している先生を見ること自体がこの仕事のやりがいになっています。

講師を指導する中で、私も一緒に成長していることを実感します。「この関わりだとこういう風に捉えられるのか」「こういう指導はどうだろうか」と、講師への関わり方について上司と日々作戦を練り、準備しています。それだけ責任が伴う重要な仕事です。だからこそ上手くいった時には共に喜び、自分自身もまた成長した実感を得ることができます。
さらに、チームメンバー全員が、私を成長させようと関わってくれます。

教育という仕事を通して、生徒を成長させるだけでなく、「自分自身も成長し続けたい!」という向上心を持ち続ける人と共に働きたいです。
私自身も、みなさんがそういった意志を持って仕事ができるように関わっていきます!
高い志を持ったチームメンバーとともに、ネクスタを佐世保No.1の個別指導塾にすることが、私の目標です。

お気軽にお問い合わせください!

中途採用新卒採用