郷土を愛し長崎から世界に羽ばたく
自立型人間を育成することで地域社会に貢献する

真面目に一生懸命頑張る人が報われるようにしたいです。そして、チームの中で目標に向かって行動するなかで、何かすばらしい成果を成し遂げる人になってほしいです。そのためには、「良いチーム」であることがとても重要です。今は塾部門、小学生・県立中学受検・そろばん、高校生は東進、英会話はプリンス、レック、夢未来など様々な教室があります。しかし、原点は純粋な小中学生の補習塾でした。創業の時に決めていたことは「地元から世界に羽ばたく人材を育てよう」という今の経営理念です。
この理念、最近「郷土を愛し」を加えました。私達の大好きな郷土を誇りに思ってもらえるような人を育ててたいからです。郷土に誇りを持てるということはその人に人生の重要なバックボーンになります。ご両親やご先祖の次に重要な帰ってくる場所です。その場所を魅力的にしていくことも大切なので、私も社員も様々な地域活動に積極的です。例えば地域のお祭に出店したり、地域の英語振興活動に協力したり、ボランティア活動を支援したりしています。職員がPTAなどの活動をするときは全面的に協力しています。私も地域の民生委員として活動しています。この理念を、言葉として子どもたちに伝えるだけではなく、私達智翔館で働く職員が理念を目指している姿を見せたいと考えるからです。高校受験、大学受験が終われば、努力は終わりという価値観は今の時代、もうありません。社会人でも何かをやろうするときに年齢は全く関係ありません。今までの前提のもとになっている常識は、これから先の5年10年で完全に書き換わります。グローバル社会・ネット社会が進化し、おそらくアジアは隣町の感覚になると思います。そんな中で、「世界に羽ばたきたい」、「地域社会に貢献したい」そういう思いのある人にぜひ智翔館に来てほしい。今の自分に自信がなくても大丈夫です。今の能力は重要ではありません。成長したい人は今は未熟でも大丈夫です。智翔館なら必ず成長することができます。成長したい人を支援していくのが私たちの役割です。

ビジョン

塾部門だけだった当時、なぜ東進を始めたのかというと、これから少子化が進むことがわかっており、新たな戦略を取る必要があったからです。現実に年2%ずつ顧客が減っていくという環境の中で、まず縦に伸ばす新規戦略を取りました。高校生、浪人生という対象年齢を上に伸ばしました。次に県立中学受検、英会話と年齢を下に下げました。さらに、大学生、社会人を対象にするために資格と公務員スクールのレックの運営を始めました。生涯学習とはよく使われる表現ですが、私達の考える生涯学習とは、その人の人生が輝く・人生が変わること。そんな学びを支援していきたいのです。
さて、今の経営方針は、横にラインを増やすことです。現在、発達障害の子が普通の小中学校のクラスに5%ほどいるといわれています。指導する先生方も大変ご苦労されていると聞いています。発達障害で困っているお子さん・保護者。そこを連携してサポートしていく放課後等デイサービス、「チャイルドハート」を開校しました。学校に行ってそこから帰って、家に帰るまでの時間をサポートして、学校に適応できるようになっていきます。また、通信制高等学校のサポート校、夢未来高等学院佐世保校では自分でやりたいことを発見する場所として地域から大変評価していただいています。これらの活動は塾運営の中ではできなかったことです。
また、個別指導「ネクスタ」では、これからも進む少子化の中でも「個別化」対応するものです。このネクスタで昨年、公立高校を受験した全員が合格した結果は特に自慢したいことです。
このようにラインを増やす経営戦略を現在進めています。単なる大学受験、進学のためということではなく、いろいろなルートで自分の夢・目標を目指していく子どもたちを支援するためにラインを増やしていきます。お客様に提供できるサービスを増やし、貢献していきます。私たちのしごとは「教育サービス」です。顧客の成長を支援することが私達の仕事です。その可能性をどんどん広げることでそビジネスも広がっていきます。

価値観

ある到達点があり、そこに達したら良し、届かなかったらダメ。そんなモノサシを私たちは持っていません。例えば進学校に合格したら良し、2番手、3番手に合格したら、2番目、3番目である。という考えではありません。私達が大切にしているものは卒業してその人が何をするか、です。進学校に合格する、東大に合格する、それは素晴らしい努力です。それもOK。そうじゃなくてもOK。人生というのは長いのだから、その先にその子が世界のため、地域のために何をしたのか、人のために何をしたのか、それを私たちは大切にしています。
医師や、弁護士、公務員や海外や一流企業と言われる会社で頑張っている卒業生も多くいます。また起業したり、地元の企業に就職して頑張っている卒業生もたくさんいます。でも、その職に就けたからすごいというわけではありませんよね。その仕事で何をしているのか、卒業してからの成長を創ることが私の考える教育です。私は今の学生の中に、勉強を「させられている感」を感じています。それをいかに取り払うか、それを授業の中で常に考えています。
私達の教育を受け取って、地域で何かやってやろう!という環境を作っていきたいです。これからの教育サービスはそれが柱になっていきます。そんな中でいろんなアイデアを出してもらってたくさんの社長を作りたいと思っています。地域の活性化のためには、そこで生き生きと働いて生活する環境作りが大切です。だから、自分自身のアイデアで新しい事業・部門を立ち上げて、そこの社長になって、発展させて、また雇用を増やす、そういう人を育てていきたいのです。うちで今やっている、エデュバイトもその一つ。アルバイトをしながら自分を成長させる。将来やりたいことを見つけていく。何か見つけた時にできる自分を作っていく。興味がある人がいたら学生のうちからどんどんそういったものを体験してみてください。社会人の方もいいですよ。智翔館ってどんなところか遠慮なく体験してください。長崎・佐世保に戻ってきたいが、どんな企業がいいかわからないという方でも智翔館で働きながら見つけていってもいいと思います。自分の会社(智翔館)だけが発展しようと考えていません。戻ってきていろんなところで活躍してもらうことが地域貢献であり、そのきっかけになる存在でありたいと考えています。

お気軽にお問い合わせください!

中途採用新卒採用